プロペシアとは? - 抜毛 ハゲ情報

薄くなった髪の悩みを解消するなら

>>正しい発毛講座『育毛ぐんぐん』<<

抜け毛対策で重要な事

どんな人でも加齢と共に頭髪の抜け毛は増えます。

一方で、抜け毛を防ごうと対策を取っていた人と何も対策をしなかった人と
では確実に差が出ます。

現在の頭髪を維持したり、減らしたりすることのないように抜け毛を防ぐ
ことは意味のあることです。

誰でもいつまででも髪 ふさふさでいたいですからね。

頭髪の抜け毛の原因は1つではなく、フケによる頭皮の炎症、毛根への
血流不足や栄養不足、皮脂の過剰分泌による負担など、様々な原因に
よって抜け毛は発生します。

抜け毛の対策を行う上で重要になるのは、自分の頭髪がなぜ抜けているのかを
知ることです。

頭髪がなぜ抜けているのかがわかりにくい時には、美容クリニックや専門家の
カウンセリングを利用するという方法もあります。


頭髪の抜け毛の原因

頭髪にはヘアサイクルという髪の一生があり、健康な髪は3年〜6年程度で髪が生え、
伸び、抜けるという循環を繰り返しています。

頭髪の抜け毛は、このヘアサイクルに変調をきたし、毛が抜けた後に新たな毛が
生えてこないことによって起こります。

ある程度の頭髪が抜けることは異常ではありませんが、一日の抜け毛が100本を
越える場合は抜け毛の防止が必要です。

抜け毛の原因は遺伝にも起因します。

両親ともに頭髪が薄いか、母親の頭髪が薄い場合、その下に産まれた男子は
たいていの場合抜け毛体質です。

遺伝的な要因で抜け毛が起きているとしても、抜け毛 対策をしっかりと
行っておくことで、抜け毛の速度を遅らせたり今の状態を維持することは
可能です。

男性型脱毛症とは?

男性型脱毛症は遺伝的要因や男性ホルモンの影響、生活習慣などが
原因と考えられていますが、まだはっきりとは解明されていません。

男性型脱毛症のうち、二十代から三十代にかけて発症するものを
若年性脱毛症。

四十代から五十代にかけて発症するものを壮年性脱毛症と呼びます。

男性型脱毛症はAGAとも略され、女性でも発症しますが、男性より
も軽症なことが多いです。

毛髪奇形はその名の通り、毛髪がねじれたり、でこぼこしたり、
折れやすくなったりします。

先天的要因と機械的な刺激による後天的要因があり、先天的要因
の場合、治療は難しいでしょう。


[PR]
髪 ボリュームアップ

プロペシアによるハゲの治療

フィナステリド(プロペシア)による若ハゲの治療は、若ければ若いほど、
薄毛が初期症状なほど効果が高いともいわれているので、薬局で育毛剤や
養毛剤を買うくらいなら、一刻も早く専門医に相談してください。

まず、若ハゲの原因を明確にして、それから対策を練るのが最も賢い
選択だと思います。

若ハゲに悩んでくよくよしたり、自己流の若ハゲ対策で、より症状を
悪化させてしまう前に、専門医に相談するのです。

もしかしたら、若ハゲだと思っているのは、本人の気にしすぎという
可能性もあります。


[PR]
髪をサラツヤにするシャンプー


プロペシアの効果

男性型脱毛症(AGA)に効果的なフィナステリド(プロペシア)も、男性型脱毛症の
治療薬としては、2005年の10月に厚生労働省に認可されました。

髪が生えてくるという人もいますが、薄毛になるのをくい止める効果の方が
高いようです。

フィナステリド(プロペシア)とミノキシジルを併用すると、さらに効果が
期待できるでしょう。

自分で何とかしたいと思っているなら、こんな方法もあります。
>>正しい発毛講座『育毛ぐんぐん』<<


[PR]
髪 ボリュームアップ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。